So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

NASを導入 [製品]

 ついにNASを導入しました。NASというのは、Network Attached Storageと言って、ネットワークに接続されたストレージ(ハードディスク)のことです。自宅の環境は、ネットワークを組んでいるというほどのものではなく、これまでは、メインのPCに繋がっているHDDを共有設定して使っていたのですが、必ず、メインPCを立ち上げておかなければならないのと、スマートフォンなんかを含めると、共有したいデバイスが増えてきたことで、データの扱いが煩雑になってきたので、何とかしたいと思っていました。たまたま、NASの有名どころ、BuffaloのLinkStation
を見かけて、昔に比べかなり安くなっていたので、衝動買いをしてしまいました。
 NASを導入したいと思った理由はもう一つあって、前々からデータのバックアップ環境を整えたいと思っていました。HDDが2ドライブのNASであれば、RAID1というミラーリングに対応していて、データを入れると自動的にミラーを作ってくれます。HDDは倍必要になるのですが、バックアップを取ろうと思えば、仕方ありません。
 ということで、2ドライブのNASで検討をしました。LinkStationがコストパフォーマンス的には一番良くて、他にもいろいろなことが出来るし、決まりと思っていたのですが、いろいろ情報を集めると、メンテナンス性が悪いと出ていました。特に、HDDが壊れて交換するときに、いろいろ問題が出るらしいし、純正の交換用HDDが高いなどの問題がありそうでした。普通一般のHDDが問題なく使用出来る2ドライブのNASがないかと探して見ると、以下の2つが見つかりました。

Shuttle NAS KD20 OMNINAS KD20Shuttle NAS KD20 OMNINAS KD20

Shuttle INC.
売り上げランキング : 8479

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


QNAP TurboNAS TS-220QNAP TurboNAS TS-220

QNAP(キューナップ)
売り上げランキング : 3930

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この2つは、NASケースなので、これにHDDを2つ買わなければなりません。KD20は本当に最低限必要なものしかついていない感じで、あまり遊べそうにありません。結局、少し値が張りますが、何でも出来そうなTS-220を購入することにしました。HDDは、対応表から、安さに負けて、SeagateのST3000DM001を選択。NASの場合、安定性が重視されるため、HDDも、ちょっと高いNAS用を選ぶ人も多いみたいですが、自宅用だし、ST3000DM001の評判もそれほど悪くなさそうなので、これにしました。両方同時に壊れないことを祈りたいですね。

 稼働して、一週間以上経ちましたが、すこぶる快調です。スピード的には、スペックが低く、価格が安いものをチョイスしましたが、自宅用としては十分です。データの移行だけは、大変で、まだまだ時間がかかりそうですが、やった分だけ、快適になるのがいいですね。それにしても、こういう環境は、企業でないと手に入らないし、自分で構築しないとと思っていたのですが、安く便利になったものです。

グレートジャーニー人類の旅に行ってきた [From M]

 少し前になりますが、国立科学博物館で特別展示されていた、関野吉晴さんの「グレートジャーニー人類の旅」に行ってみました。関野さんの展示なので、冒険譚のようなものを想像して行ったのですが、人類学というか、社会学というか、そういう色が強い展示で、なるほど、国立科学博物館の展示なんだと思いました。
 大昔の人類のことから、今を生きる、我々とは違う社会のなまなましい文化なんかが紹介されていて、その生々しさは、関野さんの体験から来ているものなので、他の方とは違う生々しさを感じました。
 たまたまちょうど、真逆の今を直視している大前研一さんの本を読み始めていたので、そのギャップが面白いと感じました。今をどう生きるかという意味では、考えさせられる展示が多かったように思います。
 関野さんの最近の活動を知らなかったのですが、縄文号という丸木舟を自分たちで造って、東南アジアから日本への人類の足跡をたどられたようです。縄文号は、それを加工するための鉄器も、砂鉄を集めて、炭焼きからたたら製鉄をして自分たちで作ったようです。いやはや、すごいですよね。こういうことを真面目にやってみるというのが、面白いですよね。

PMの充電池を交換してみた [PM]

しばらく、PMが活躍する機会がなくて、ほったらかしにしていたら、バッテリーで動作しなくなってしまいました。ACアダプターを繋げば使えるのですが、バッテリーのほうは、すぐに充電完了になって起動しようとしても、起動しません。PMは、このサイズが魅力的なわけで、バッテリーで動かないと魅力が半減してしまいます。かなり年代物になってきたので、替え時かと思って物色したのですが、Windowsの今の資産が使える小型のPCとなると、今や、換えがきかなくなってしまっていて、仕方なく自分で修理してみることにしました。
PMは建て付けが悪いところがあるので、何処か、接触不良でもおこしていないかと、キーボード面を分解して確認したのですが、どこも悪いところはなさそうでした。となると、バッテリー自体があやしいということで、バッテリーパックをばらしてみました(よい子は真似しないほうがいいですよ)。バッテリーパックを開けてみると、2セルのバッテリーが直列で接続されていました。テスターで電圧を測ってみると、そのうちの一つが電圧が低いので、どうも、バッテリー自体が1本ダメになっているようでした。
バッテリーの交換となると、ちょっとリスクが大きいので、あきらめかけたのですが、一応、バッテリに書かれていた型番ICR18650で検索をかけたら、売っているところがあるではないですか。容量が同じものは見あたらないのですが、こちらで、内容を確認したら、容量アップしたものでも、同じ充電回路で行けそうな数値だったので、購入して入れ替えてみることにしました(バッテリーの充電回路は、バッテリーに合わせて作られているので、違うバッテリーを使うと危険な場合があります。念のため)。
バッテリーパックのケースは、割ると、元には戻らないので、継ぎ接ぎだらけになってしまいましたが、今のところ、普通に動作していて、充電も出来ています。容量が上がった分だけ、持ちも良くなっているような気もしています。
最近、テザリング出来るようにしたので、また持ち歩くようになっているのですが、なかなか快適です。ただ、PMは、やはりメモリが少ないのが、ネックですね。やはり、サクサク感にかけるというのが、悲しいところです。それを我慢してでも、このサイズが、ぼくにはいいのですが、新しいのは、出てこないですよね。タブレットや、でかいスマホより、こっちのほうがうれしいのですが、やはり売れないんでしょうね。
最近、使い捨てが多かったのですが、PMちゃんは、当分、メンテをしていかなければならなくなりそうです。

ワイヤーヘッドフォンの修理と掃除 [製品]

 今日は、音楽を聴くぞというときは、やはり、ワイヤーヘッドフォンを愛用しているのですが、ぼくは、ヘッドフォンは、いろいろ試しているほうだと思うのですが、プロではないので、ヘッドフォンに10000円以上出す気にはなれません。なので、とびきり音がいいといわれているヘッドフォンはあまり体験したことがないのですが、安物ののヘッドフォンだと、やはり、あまり好きな音に出会うこともありません。なので、好きな音に出会うと、そのヘッドフォンは捨てることができなくて、ぼろぼろになるまで使うことになってしまいます。安物ヘッドフォンの場合、機種が新しくなればよくなるというものではないような気がします。むしろ、昔のアナログ系のごつごつしていた重たいヘッドフォンのほうが音がよかったりして、本当に当たり外れがあるので、買ってもなかなか満足出来なかったりします。これは、好みの問題なので、自分が好きな音を出してくれれば、別に安物でもいいですし、高い買い物しても、気にいらなければ、結局使わなくなってしまうんですよね。
 ソニーのMDR-Z600は、そんな捨てられないヘッドフォンになっていて、今でも現役で使っています。でも、イヤーパッドがぼろぼろになってしまって、さすがに替え時かと毎回思ったりして、何個か買ってはみるものの、結局、買ったほうを捨てている始末です。今回も、これを機に捨てようかと思ったのですが、ヘッドフォンを物色しているときに、イヤーパッドを売っているのを発見して、もしかして、イヤーパッドの交換が出来るのではと思い、調べてみました。
 最初は、オーディオテクニカの別のヘッドフォンのイヤーパッドを流用出来ないかと思っていたのですが、調べて見ると、同じように、MDR-Z600のイヤーパッドがボロボロになって交換している人が結構いることがわかりました。とは言え、もう10年くらい経っているヘッドフォンなので、部品の入手も無理なのではないかと思っていたのですが、取り扱っている店はあるんですね。こちら注文できることがわかったので、イヤーパッドの左右と、前面フロント2枚を注文してみました。取り扱っているお店もすごいですが、未だに、部品を供給しているソニーもたいしたものだと思います。
 ということで、折角なので、ちょっと掃除をして、イヤーパッドを交換しました。このヘッドフォン、装着感は、HA-WD100と違って、柔らかくてとてもいいのですが、改めてみると、破れやすそうな感じがします。さすがに、次回は、生産終了になっているかも知れませんが、使い捨ての時代に、こうやって、交換修理ができるっていいなと思いました。ということで、ワイヤーヘッドフォンも復活。音楽生活も復活です。

ヘッドフォン [製品]

 オーディオ環境を久しぶりに構築している話は、前に書きましたが、そうなると毎回欲しくなるのが、ヘッドフォンです。音がいいヘッドフォンが欲しいのはもちろんなのですが、10年前くらいから欲しいのが、音がいいワイヤレスのヘッドフォンです。10年くらい前は、ワイヤレスで、無線のヘッドフォンはあまりなくて、方式としては、赤外線のアナログが殆どでした。何個か試したことがあるのですが、赤外線だと、見通しがある範囲でないと、繋がらないので、ちょっと動くとすぐ、サー音が入ってきて、すぐ繋がらなくなってしまいます。それでも、ワイヤーがなくなる自由度は快適で、かなりの不満を持ちながらも、愛用していました。赤外線のヘッドフォンも、壊れて(壊して)かなり経つので、久しぶりに、ワイヤレスヘッドフォンを検索してみると、選択肢は少ないながらも、JVCから無線のヘッドフォンが出ていたので、購入してみました。無線は、ノイズが入りやすいので、音楽ヘッドフォンとしては、敬遠されがちのようですが、このヘッドフォンは、ノイズに関しては、かなり頑張っていると思います。無線なので、見通しでなくてもちゃんと繋がりますし、隣の部屋くらいであれば、普通に聞くことができるので、移動しながらや、掃除しながらでも聞けるのでなかなか快適です。ただ、耳への装着感は、少し堅さを感じていて、ぼくにはイヤーパッドが一回り小さいように思えます。ぼくは大口径の機種を買ったのですが、それでも、耳が痛くなる場合があるかも知れません(小さいほうは、耳が痛くなると書かれていましたが、なるほどと思いました)。それと、バッテリーがへたってくると、音が飛ぶようなことが書かれていたのですが、音飛びの違和感をたまに感じることはあります。音は、十分きれいですが、ぼくには、きれいすぎて少々違和感を感じるところがありますが、それでも、十分なクオリーティだと思います。それと、電源が単四のニッケル水素の充電池というのもいいです。おそらく普通の単四電池も使えるので、電池関係で、使い捨てになることもなさそうです。
 いろいろ書いてますが、ワイヤレスとしては、満足度は、かなり高いです。当分は、これで、音楽を楽しむ生活がおくれそうです。

JVCケンウッド ワイヤレスヘッドホン HA-WD100
JVCケンウッド ワイヤレスヘッドホン HA-WD100
ビクター 2012-02-08
売り上げランキング : 904


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





MDの終焉 [From M]

 少し前の話ですが、ソニーが最後のMD機器の製造を終了することを発表しました。一つの時代が終わった感じがしたのと、まだ製造していたんだというちょっとした驚きが混じった感じでした。結局、流行らなかったですね、MD。ぼくは、結構使ってました、MD。今でも音楽を持ち歩いているのですが、TAPE時代のウオークマンからずっと音楽を持ち歩いているので、MDの大きさは、画期的でした。なので、MDはかなり愛用していたのですが、iPodを始めとするシリコンオーディオの勢いは、止まりませんでしたね。著作権とかを持ち出さず、うまく折り合いをつけていれば、実は違った形になっていたような気もするのですが、規制を強化したことが、かなり裏目に出て、それを律儀に守っていたMDは、結局使いにくくなってしまったということなのかなといろいろ考えてしまいました。
 ぼくは、上の理由で、MDの資産を結構持っています。お金がなかった時は、昔、流行っていたレンタルでCDを借りてきて、せっせと録音してました。でも、MDは、MDからのコピーには制約がかかっているので、簡単に出来るいいコピーツールがなくて、面倒なこともあってMDからのデータの移行は全然出来ていません。それに、昔買ったMDのデッキは、一度修理に出したのですが、やはり、初期のころのデッキなので、調子が悪くなって、それ以来、MD資産は眠ったままになってしまいました。実は、昔、一度、デッキを買うことを検討したことがあったのですが、PCとの連携とか、MP3対応とか、オーディオサーバー計画とか、いろいろ考えると、ピッタリ来るものがなくて、のびのびになっていました。それで、今回のこの発表です。ここで買っとかないと、ずっとMD資産が死んでしまうな~と思い、MDデッキを購入することにしました。
 MDデッキを検索してみると、結局SONYとONKYOの2つしか見つかりませんでした。こういうふうに、選択肢がないと、それを使っていろいろ工夫をするしかないので、かえって迷わなくていいですよね。MDの本家SONYと言いたいところなのですが、USBメモリが使えるということで、ONKYOのX-N7XX(D)というミニコンを買いました。
 しばらくいい音で、音楽を聞く環境から、離れていたように思うのですが、コンポを買うと、やはり環境を整えたくなるんですよね。ラックを買って、昔のバラコンと組み合わせてステレオ環境を久しぶりに組みました。そうすると、今度は、メディア側を引っ張り出してきて、整理をし始めています。最近は、CDしか聞けない環境だったわけですが、そうなると、面倒なこともあって、聴く曲は、ある程度決まってしまっていて、よく聞くCDを集めたラックが一つあればいい感じだったのですが、MDを引っ張り出すと、昔聞いてた曲がたくさんあって、楽しいですね。今聞いても良い曲がいっぱいあるし、いろんな挑戦をしている曲がたくさんあるので、聞いていて飽きないことに気づきました。あれも、これも聞きたくなっちゃって、なんだか、ちょっと楽しいです。
 でも、最近、音楽をゆっくり聞く余裕がないように思います。音楽を聞いている時間って実は贅沢なのかも知れません。こうなってくると、新しいCDが欲しくなるのですが、最近、CDも店頭から消えていってますよね。それも、音楽から離れていっている理由なのかも知れません。最近、忘れていたような気がするのですが、音楽を聞く余裕くらいは、欲しいものです。

ONKYO X-N7XX(D) CD/MDチューナーアンプシステム オンキョー XN7XXD
ONKYO X-N7XX(D) CD/MDチューナーアンプシステム オンキョー XN7XXD
ONKYO
売り上げランキング : 2672


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


SONY MD搭載オールインワンコンポ CMT-M35WM S シルバー
SONY MD搭載オールインワンコンポ CMT-M35WM S シルバー
ソニー 2007-11-21
売り上げランキング : 4346


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



100円の小型組み込み無線モジューとソフトウェア

 「100円で小型組み込み無線モジュールを売る、その狙いを明かします」というインタビュー記事が出てました。インタビューを受けているのは、アプリックスという会社なのですが、アプリックスと言えば、ぼくは、CDのリッピングソフトのイメージしかなかったのですが、時代に合わせて、ビジネスモデルを変えて、これまで、生き残ってきた会社なんですね。ソフトバンクが文字通り、ソフトの卸をやっていた時代、Windowsのアプリケーションソフトの会社がたくさんありました。そんな会社は、時代とともに、つぶれて行くのも早かったのですが、CDのようなハードに関わるソフトをやっているところと、アンチウイルス系のソフトウェアは、生き残っていたように思います。ぼくも、ソフトで商品作るなら、ハードを絡めないとダメかなと思っていたのですが、今はもう、リッピングソフトも売れなくなって来ているんですね。

 そんなアプリックスが、今度は、インフラを自ら整えて、ソフトウェアで儲けるビジネスモデルを展開しようと頑張っているようです。ソフトウェアの会社は、インフラについては、静観しているところが多くて、流行ったインフラに、みんなで一気にたかるというところが多いように思います。なので、こういうところで、もう、儲けが出ない仕組みになっているような気がします。でも、アプリックスは、それを自ら手がけて、そのインフラに対するアドバンテージを使ってソフトで儲けを出そうとしているようです。少し違いがありますが、グーグルのアンドロイド戦略ににていますよね。グーグルの場合は、儲けは、恐らく広告なのでしょうが、アプリックスは、ソフトで儲けようとしているところが面白いです。

 ぼくには、人は、ハードには、お金を払うけれど、ソフトにはお金を払わないというイメージがあります。いわゆるぼくらの言うソフトウェアだけでなく、テレビ番組や、インターネットコンテンツ音楽など、形ないものに特に日本人は、お金を払わないような気がしてます。なので、ハードをただ同然で配り、ソフトウェアで儲けを取るということが実際に成り立つのかが、すごく興味のあるところだったりします。この、ビジネスモデル、是非成功して欲しいと、個人的に思っているのですが、成功しないような気がしている自分がいるんですよね。

 そういえば、先に紹介したヒロユキ氏は、B to Cで成功した会社は、B to Bで成功しにくいのではということを言ってました。B to Cでは、仕組みを作れば、勝手にお金が入ってくるけど、B to Bの場合は、一生懸命お願いしないといけないからというのが、その理由だったのですが、それって、会社やビジネスによるような気がしますよね。アプリックスのような商魂たくましい会社なら、どちらも行ける気がしますし。

ブラウザの移行とブックマーク

 ブラウザOperaに移行するときに思ったのですが、今までみたいに、ブックマークの移行が必須にはなっていないことに気づきました。昔は、ちょっとした個人のホームページは、ブックマークしていないと、再度探そうとすると、結構な手間がかかっていたのですが、最近、ブラウザを使って見ているところは、定期的に見ているページがないので、いつも、検索サイトから始まります。なので、ブックマークもしていないし、有名な便利サイトは、検索から簡単に、行くことができます。個人サイトは、みんな、ブログへと移行したので、ブックマークというよりは、RSSで管理しているので、今回は、ブックマークの移行をしませんでした。だんだんと、ホームページ関係の管理もかわってきているということなんでしょうね。
 それでも、Firefoxが更新して、セッションがクリアーされて、終了時の状態は戻らなかったときには、それなりに、ショックでしたけどね。ブックマークをサボっていると、復旧に時間がかかるのは、同じなのですが・・・

Opera試用中 [ブラウザ]

 ここのところ、ブラウザは、Firerfoxに落ち着いていたのですが、どうも最近、重くなったな~という気がなんとなくしています。それでも、マシンパワーのあるPCで使用する分には、特に問題がないので、使い続けていたのですが、冬になって、少々、問題が起こってしまいました。
 冬になると、寒くなるので、作業をこたつでしたくなります。こたつでの作業は、眠くなるけど、快適なわけです。そこで、活躍するのが、リモートデスクトップノートPCで、メインPCにリモートデスクトップ接続して作業をするわけです。その時、メインPC側のFirefoxをリモートデスクトップで使用すると、Firefoxがとてももたついてしまいます。理由はわからないのですが、何か描画系のものが悪さしているのでしょうか、リンクをクリックするのに、10秒以上かかってしまいます。まあ、ブラウザをリモート側で使わなくても、ローカルでやってしまえば問題ないと言えばないのですが、メインPCで作業をしていて、寒くなったから、こたつPCで引き継いだ時に、まあ、ちょっと面倒だったりするわけです。設定を検証すれば、回避する方法がありそうな気がするのですが、それを探すのも、ちょっと面倒なので、軽さを売りにしているOperaを本格的に導入してみたというわけです。
 Operaは、軽いことを売りにしている関係で、非力なPMでは使っていたのですが、帯に短しって感じだったので、メインでは使っていませんでした。でも、これだけ時が経過すれば、差はなくなるっているのではないかということで、まあ、試しているわけです。
 使ってみた感じでは、過不足なく快適です。細かいところを言えば、不満がないわけではないですが、補う方法もあるでしょうし、問題だったリモートデスクトップ環境はすこぶる快適になりました。さすが、軽快さを売りにしているだけは、あるな~と思いました。使い勝手をよくしようとすると、Opera特有の操作を覚える必要がありそうですが、それに慣れれば、かえって使い勝手はよくなるような気がしてます。
 Firefoxの魅力は、何と言っても、アドインを利用した、拡張性、カスタマイズ性だったりするのですが、それ故に、機能過多になって、重くなりやすいのかも知れませんね。誰でもアドインを作れる環境が、足を引っ張るアドインを一つ入れただけで、全体のパフォーマンスを落としてしまうとか、いろいろありそうです。こういう管理出来ない環境で、ベーシックな機能は、アドインに左右されないようにシステムを考えるのは、なかなか難しいのかも知れませんね。

 ぼくのブラウザの変遷を振り返ってみると、Lunascape→Sleipnir→Firefox→Operaと、面倒なので、乗り換えなんてしたくなかったのに、理由は、毎回、重いからってので変えている気がします。開発から時間が経つと、みんな、必要以上に、機能過多になってしまうのか、快適なつもりでかけた変更、追加が裏目に出る時があったように思えます。過去に使っていたブラウザも、今は、また快適になっているかも知れませんが、一度離れると、なかなか戻れませんね。さて、Operaはどう変遷していくのでしょうか。多すぎても、少なすぎてもだめなんだと思います。帯に短し、襷に長しとは、よく言ったものです。最適な状態ってのは、恐らくそんなに多くはないのですよね。飽きさせないようにするためのパフォーマンスにとらわれないで、ベーシックな幹の部分は、譲ってはいけないのでしょうね。なかなか難しいところです。

 さて、Opera、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、楽しみです。

「R25」のつくりかたを読んでみた [book]

 これも、某ブックオフで暇つぶしに買った本。R25って、うわさに聞いたことがあるフリーマガジンですね。タダだから成功したと思われがちなのですが、タダだろうと興味のないペーパーは、ごみなわけで(ポスティングの広告なんて、まさに、ごみなのですが)、それだけで成功するほど、甘い世界ではないようです。
 ぼくは、雑誌の世界は、詳しくないのですが、雑誌は、割と、ターゲットを絞った作りになっていることから、部数は、そんなに出ないんですね。確かに、マニアックなものが取り揃えてあるわけですが、数万部出れば、成功という世界らしいです。そんな中、R25は、何と100万部近い実績を作った雑誌なんですね。しかも、活字離れしていると言われていた、20歳~34歳の男性いわゆるM1層をターゲットにした雑誌ということで、当時、誰も手をつけてなかったというか、手をつけられなかったところに、うまく進出して、成功したわけです。
 よく、ニッチ市場を探せとか、手をつけられていない市場を探せとかいわれますが、そうなっているには、それなりの理由があるわけで、それをかぎ分けられたからと言って、成功できるというものでもないのかなと思いました。R25は、その市場に対して、どうすれば、手にとってもらえるかを、真剣に考え、作っている印象を受けました。やはり、中身が伴わないと、そして、その中身を伴わせる努力は、やはり難しいんだなとつくづく思いました。
 分野は違うし、広告ビジネスなので、ぼくの目指しているところとは、少し違うように思えましたが、面白かったし、参考になる部分も多かった気がします。作り出していく仕事って、大変だけれど、やはり、魅力的ですね。

「R25」のつくりかた (日経プレミアシリーズ)
「R25」のつくりかた (日経プレミアシリーズ)藤井 大輔

日本経済新聞出版社 2009-02
売り上げランキング : 75795


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。